Flexography Basics
Technical Details
Troubleshooting
Other

The Basics of Flexography

▼Basic Knowledge ▼Processing ▼Printing Presses ▼Print Accuracy

Basic knowledge
What is flexo printing suited for?

Flexo plates are made of a flexible resin material which makes it the preferred method for printing on corrugated cardboard due to its high risk of deformation. Additionally, the flexible nature of the plate allows for printing on a wide range of materials regardless of surface smoothness such as wood. Finally, flexo plates can be made without solvents and print with solventless ink which makes it well suited for products which require a high degree of safety such as food and beverage packaging, medicines, and baby products.

What kind of printing can you do with flexo printing?

Flexo printing is compatible with a wide variety of inks and can be used on any printing material, so you can print not only on cardboard and paper, but also film, metal, and cloth. Full color printing is possible through the use of process and special color inks. Through the use of a roll shaped photopolymer plate it is possible to print endless patterns (across a continuous reel of paper for example).

What kind of printing method is flexo printing?

This method uses a plate made from flexible resin to apply ink directly onto a medium such as paper or film. Flexography is often considered to the resin letterpress printing used in the Japanese label industry, though they are distinguished by their ink specifications, printing machines, and inclusion of an anilox roll. In flexography, ink is applied to the resin plate by means of an engraved roll fitted to the printing machine, called an anilox. Typically, low-viscosity water and alcohol-based inks are used, however UV inks are also compatible. Generally, flexo is characterized by its low ink consumption and fast drying times. Another characteristic is its ability to apply printing pressure even if the surface of the material is slightly rough. For these reasons flexo is widely used in the US and Europe for packages, flexible packaging material, and labels.

What are flexo printing plates?

Flexography is often considered the successor to letterpress printing and applies ink directly to a surface rather than the intaglio printing of gravure or the lithographic printing of offset. Flexo plates are made from a special photosensitive resin material that hardens when exposed to ultraviolet light. The flexible characteristic of these resin plates is a major feature of flexography which allows it to print on rough surfaces. A separate plate is created for a single color based on the finished design and the normal platemaking process is performed in order of: exposure, washing, drying, and finishing. In recent years a new plate making technology has emerged where the resin blank can be cut by directly irradiating it with a laser. Some usual overseas plate resin manufacturers are DuPont and Flint, while Japanese manufacturers are Asahi Kasei, Kodak, and Nippon Denshi Seiki.

How prevalent is flexo printing today?

In Japan, flexo is primarily used for corrugated sheet where it holds almost 100% market share.
Its second most common applications are in the fields of labelling and bag making.
At present, there hasn’t been much adoption of flexo for folding cartons or flexible packaging in Japan though attention has been increasing in recent years.
Even if the underlying technology is the same, the necessary machines and specifications can vary greatly between corrugated and other substrates.
In Europe and the US, 70% of flexible package printing is said to be done with flexo making it a major player in those markets.

Why is flexo printing not as popular in Japan?

The first factor is that the current quality of flexo printing is often not recognized.
There exist in fact, many products which ship to market that take advantage of flexo’s high number of lines and print volume, however they represent a small share of the overall market.
An additional hurdle has been the difficulty of making initial investments in printing equipment caused during times of economic stagnation.
When looking at US and European companies however, it is clear to see that flexo has attracted a lot of attention in terms of production efficiency.

Why is flexo printing currently getting so much attention now?

The primary reasons are the wide variety of usable substrates, potential for efficient production, and the wide range of applications which it is applicable to. In addition, flexo technology has improved dramatically over the years to the point that it now produces results comparable to offset or gravure.
At present, flexo is said to account for 70% of the flexible package printing in the US and Europe so there are high expectations for future growth in Japan as well.

What are the environmental benefits of flexo printing?

While offset and gravure often use oil-based inks, flexo most commonly uses more environmentally friendly water-based or UV inks. Flexo plates are also much more environmentally friendly with the advent of solventless plate production methods.

What is the flexo platemaking process like?

For analog production:

  1. The color-separated design data is output to film using an imaging machine
  2. The film is fixed to a resin blank
  3. The resin blank and mask film are then exposed to UV light
  4. The resin plate is washed with solvent to remove the uncured material
  5. The plate is dried and finished

For digital production:

  • In steps (1) and (2) the surface of the resin blank is treated with a laser rather than using a masking film.
  • The rest of the process is the same from step (3) onwards

For more information, please refer to the page “How our flexo plates are made”.

Is it possible to create flexo plates without the use of solvents?

It is possible. There are currently three existing methods.

  1. Cutting the resin blank directly through the application of a laser. This method is currently available through a few companies including FUJIFILM (Japan), and seems likely to receive continued development in the future
  2. Wiping away the excess resin after exposure with the use of a specially designed cloth. This method is currently produced by DuPont (USA).
  3. Washing away the excess resin material similar to the traditional method but with the use of a water-based cleaning agent rather than solvent. This method is currently available from Asahi Kasei (Japan).
What kind of ink do you use in flexo printing?

Flexo printing can use almost any variety of ink such as water-based, solvent, UV, etc…
It is a general characteristic of flexo printing that compatible inks are low viscosity (except for UV), require lower ink usage, and are faster drying.

What do you mean by “ink and resin plate compatibility”?

There are many lineups of resin plates that look similar at first glance, depending on the ink. Each material manufacturer has a lineup of resin plates for UV, water-based, and solvent inks as well as coatings. If you accidentally use an ink other than the recommended variety, the resin can swell and become uneven causing print errors or even damage to the plate itself. This is all to say that in flexo printing, ink and plate selection is very important.

In addition, the type of resin plate changes based on the printing medium it will be used with. A thick resin plate is mainly used for materials without a smooth surface, while thinner plates are typically used for smooth mediums.

Where can I get flexo ink? Can it be imported from overseas?

They are available at all major domestic ink producers. We recommend that you consult with us about the right choice for your press and desired print media.

What materials can you print on with flexography?

Unlike offset, flexo can be used on an enormous range of materials such as paper, cardstock, cardboard, metal foil, and plastic.

Are there any places in Japan that can do color process printing on cardboard?

Although small in number, there are a few companies that have print equipment, such as those by BOBST, who can produce and direct ship fine cardboard with process color printing.

Is it possible to perform full color process printing directly on cardboard?

Yes, it is possible. In fact, this type of packaging is incredibly popular in Europe and the US. In these regions, typically in the case that a coated liner is used for the outer surface it will be E flute cardboard, BE double cardboard if considering print quality, and others such as EF double cardboard might show up.
Currently in Japan process color direct printing is almost unheard of but given its productivity and economic efficiency, it is highly likely to become widespread in the future.

What kind of software is used to edit pre-press design data before flexo printing?

Adobe’s Illustrator and Photoshop are commonly used software in the design industry to manage digital data however they are not specialized for flexo.
ESCO’s PackEdge is often used as a dedicated software for flexo prepress systems.

↑Return

About processing
How is die cutting performed in flexo printing?

For flexo printing, a rotary die press is common and typically used for in-line punching directly after printing.
While rotary die cutting may be common, due to the higher cost of the dies, cheaper Thompson cutting may be performed in a separate process after the sheet is printed.

What kind of post-processing (in-line processing) is possible with flexo printing?

In addition to punching and pasting, embossing and hot printing are also available in-line for flexo printing.

Why can post-processing be done in in-line with flexo printing?

Most flexo compatible inks have very low drying times so there’s no need to wait after printing to apply additional processing.

↑Return

About flexo presses
Which type of flexo press is most common, sheet-fed or web?

Sheet-fed presses are typically used for corrugated printing while web-fed is common for most other applications.

What types of flexo presses are there?

There are three general types determined by the layout of the unit:
• Inline; where each unit is arranged parallel to the floor
• Stack; where each unit is arranged vertically from the top
• CI (Central Impression); where each unit is arranged in a circle around a central drum
There is a further division around units which are sheet-fed (media is fed into the press one sheet at a time) or web-fed (media is fed continuously from a wound roll), however sheet-fed machines can simply be considered inline presses.

What are the characteristics of an inline press?

It is characterized as being easy to work with because it is divided into multiple segments linked in parallel with each color mounted horizontally.

What are the characteristics of a stack press?

A stack press is built by stacking units on top of one another. It is characterized by its space saving and high productivity qualities.

What are the characteristics of a central impression (CI) press?
These presses are arranged in a circle around a center drum. It is characterized by having little to no misregistration even for thin film and paper.
日本製のフレキソ印刷機はありますか?

ダンボール用については三菱重工、イソワ、新幸機械製作所、石川製作所など多数あります。
ラベル、紙器・軟包材などのフレキソ印刷機についてはオリエント総業、太陽機械製作所、ニューロングなどがあります。

ドクターブレードとはどういうものですか?

フレキソ印刷では、アニロックスロールと呼ばれる印刷機に装着された彫刻ロールを介して樹脂版にインクが与えられます。
アニロックスロールの彫刻部にはインクが溜まる構造になっていますが、溜まるインク量を一定にするためドクターブレードでインクを掻き落とします。
ドクターブレードの使用により高い精度で安定してインクを掻き落とすことが可能になります。
形状は薄い板状 になっています。主に鋼鉄製で磨耗しにくく設計されています。

アニロックスロールにはどのような種類がありますか?

表面の材質的なものとしてクロムメッキロールとセラミックロールがあります。また近年特殊合成素材でのアニロックスロールも一部では出てきています。
表面のセル(スクリーン)にはダイヤモンド(ひし形)やハニカム(六角形)などがあり、それぞれ一定の角度で均等にセルが並んでいます。
アニロックスロールが持つインク量はセルの形状や線数によって変わります。

↑Return

印刷精度について
フレキソ印刷の精度は何によって変わりますか?

フレキソ印刷では印刷機材のほかインク、印版、被印刷体はもちろんのこと、アニロックスロール、クッションテープ、スリーブによっても印刷精度は大きく変わります。

フレキソ印刷ではバーコード検証が必要ですか?

フレキソ印刷では印刷時のバーコード検証が必要です。
これはオフセットやグラビアとの製版工程に大きな違いがあるからです。

フレキソ印刷では製版時に印刷再現を良くするためさまざまな処理を行ないます。
主なものとしてバーコード・ドットゲイン処理(予め印刷再現時に太りが起こることを想定し事前に細らせる処理)や伸縮処理(印刷通し方向に対し縮小率をかける処理)などがあげられます。
これらの処理が一部でも誤っているとバーコードで数字があっていても読み取りエラーが起こることが考えられます。

フレキソ製版工程でもバーコード検証を行なっている会社は多いですが、印刷現場でもバーコード検証を行うことをお奨めいたします。

フレキソ印刷ではスクリーン線数は何線ぐらいまで可能なのですか?

最新のフレキソ機材・資材を使用した場合、理論上は200線まで可能ですが、現実的には175線までが限度かと思います。
実際、国内で175線で生産されている工場もあります。ただし、版、アニロックスロール、インク印刷機、被印刷体などにより印刷可能線数はかなり変わります。

ダンボールダイレクトカラープロセス印刷ではどのような環境が必要ですか?

下記の条件を満たすことが必要です。

  1. フレキソ印刷機4色以上で350線以上のアニロックスロールを、各色所有していること。
  2. 印刷表面はコートライナーなどを用いダンボールの表面平滑性が非常に高いこと。
  3. デジタルプレートなどカラープロセスプレートが入手可能であること。
フレキソ印刷をするにあたってスクリーン角度に関して注意することはありますか?

いくつか注意する点はあります。
モワレが出ないように設定するにはオフセットやグラビアと同様にC, M, Kの角度を30度ずつずらします。
このいずれか2色の間に15度でYを入れるのが一般的です。
フレキソの場合は、これらに加えてアニロックスロールの角度を考慮に入れる必要がある点が特徴です。
アニロックスロールの角度が版のスクリーン角度と同じ場合には問題が生じることが多くなります。したがいまして、このような時は版のスクリーンの角度を全体に一定角度で回転させます。

↑Return

技術的な疑問

▼技術的な疑問 ▼ダンボール印刷 ▼メンテナンス ▼印刷媒体

技術的な疑問
フレキソ印刷で事前校正はどのように行いますか?

最近では、フレキソ印刷用の簡易校正機材が出来ています。 スリーブをセットし、アニロックスロールから実機で使用するインク・紙を用いて簡易校正を行うシステムです。(イギリス・JMヒーフォード社製)
しかしながら、現実にはこのような機材は国内では皆無に近い状態ですのでDDCPなどのデジタルプルーフの使用が多く見うけられます。

フレキソ印刷の印刷精度はクッションテープによって変わりますか?

印刷精度は樹脂プレートの仕上りのみならずクッションテープによっても変化します。
クッションテープの適性が印刷機、樹脂プレート、印刷内容にあっていない場合は同じ仕様でクッションテープを変えてみると一目瞭然です。
フレキソ印刷では樹脂プレートをスリーブ(プラスチック製の円筒形のもの)やシリンダーにクッションテープを用いて貼り込みを行ないます。
一般的にベタ印刷では柔らかめの樹脂プレートに固めのクッションテープを用い、高精細なスクリーン印刷には固めの樹脂プレートに柔らかめのクッションテープを用いるときれいに印刷再現できます。
クッションテープは貼りこみがしやすく、かつ貼りなおしをしてもノリ残りが少ないもの、ロングラン印刷をしても形状変化を起さないものが一般的にいいとされています。
もちろん製品自体の厚み精度や粘着性は言うまでもありません。
最近では欧米のクッションテープの技術革新もめまぐるしく、貼りこみがしやすいよう粘着層表面にエンボスなどの加工仕上げをしているものや、材質が多孔質構造で形状変化のしにくいものも出ています。

フレキソ印刷のスクリーン線数に対するアニロックスロールの影響はどのように考えればいいですか?

フレキソ印刷では一概に樹脂プレートの仕上り状態や印刷媒体のみによってスクリーン再現が決まるものでもありません。
スクリーン線数への影響の大きいものとしてフレキソ印刷機に装着されているアニロックスロール(インクを樹脂プレートに転写する彫刻ロール)があげられます。
アニロックスロールの線数はベタ印刷では線数の少ないもの、スクリーン線数の高精細なものにはアニロックスロールの線数が大きいものを使用すると印刷再現がよくなります。
スクリーン線数を選択する場合、一般的にアニロックスロールの線数の5分の1から6分の1にすると、どのようなスクリーンにもトラブルが少なく対処できます。
すなわちスクリーン線数100線の印刷再現にしようということは500~600線のアニロックスロールが必要ということになります。

アニロックスロールはどのように保管しますか?

洗浄を行なった後、湿気が少なく、高温にならずほこりなどの少ない所に、キズやほこりがつかないようカバーをして専用のスタンドで保管することをお奨めします。
アニロックスロールは印刷内容に応じてすぐに使えるようにしておくことが必要です。

印版やスリーブはどのように保管しますか?

フレキソ印版・スリーブは基本的にリピート使用します。
印刷後、洗浄を行ない、湿気が少なく、高温にならないほこりなどの少ない所、また日光などの紫外線があたらない所で保管することが必要です。
特に紫外線に、長時間さらされると樹脂版が著しく劣化します。
次回の印刷に備え品名・色等を明示して保管することが必要です。

レタープレス印刷とフレキソ印刷とではどこが違うのですか?

感光性樹脂の凸版(似ているが性質は違う)を使用して印刷する方式でありますがレタープレスはペースト状の油性インクを使用するのに対しフレキソは液状の水性(またはUV)インクを使用するのが特徴です。
また、フレキソは版へのインク転写をアニロックスロール1本で行いますがレタープレスは数本のインクロールの間でインクを調整するのが特徴です。

フレキソでエンドレスの印刷は可能ですか?
エンドレスは可能です。

フレキソ印刷では一般的にスリーブ(円筒形のプラスチックの筒状のもの)の上に樹脂版を使用しますが、近年この樹脂のエンドレス版が日本で製造可能となりました。
各機械に応じたスリーブに樹脂を巻きつけ表面処理をしたのち製版工程を円筒状のまま行う画期的な製版方式で東京の製版会社・株式会社精好堂によって開発されました。
世界的にも製版できる会社は限られており、これが日本で出来ることはフレキソの発展に大きく寄与するものと思われます。

フレキソCTP(Computer To Plate)とはどのようなものですか?

大半のCTPは樹脂版(デジタル用)の表面にブラックレイヤー層というものがあり、この層をレーザーでデザインに応じて削るものです。
その後、露光・洗浄・後処理・乾燥の工程を経て仕上がります。
機材はエスコ社(ベルギー)、大日本スクリーン社(日本)などで製造されています。
またダイレクトで樹脂版自体を削るタイプのものもあり、これはレーザー照射後に版が仕上ります。機材はFUJIFILM社(日本)などが製造しています。

樹脂版レリーフの最適値はありますか?

樹脂版のレリーフ(版の深度)はバック露光によってほとんど決まります。
バック露光が長いほど深度が浅くなり、凸部の細字・細線の再現性は高くなります。しかしながら、抜き部の細字・細線はレリーフ(版の深度)が浅くマージナルが出ると印刷再現できなくなることがあります。
レリーフは樹脂版の種類や印刷媒体、印刷機やインクによって変わります。

フレキソ版の微細加工は可能ですか?

現在当社では1PT(250ミクロン)の微細文字および20ミクロンのライン&スペースの成型再現を樹脂版で可能としており、工業系を中心としたの微細加工技術の分野で多く使用されております。
日本国内において当社のみの材料、当社のみの製版装置で成型していきます。

↑Return

ダンボール印刷
段ボール印刷では一般的に何線くらいのスクリーンで印刷していますか?

一般的な段ボール印刷では25~30線/インチが一般的です。
ただし高精細のアニロックスを保有している印刷機ではこれより大幅に細かいものが可能です。

ダンボールにおけるプレプリントとはどのような印刷ですか?

ダンボール印刷は通常ダンボールシートになってから印刷機で印刷されることが多いのですが、プレプリントはダンボールの原紙(表ライナー)の状態で印刷します。
ダンボールシートと違い平滑性があるため印刷の再現性がよく、色間のズレも少ないのが特徴的です。
大ロットが中心でライナーを何本かまとめて印刷されるのが一般的です。

ダンボール印刷で使用するバッキング材とはどのようなものでしょうか?

ウレタン系の素材で出来ているもので約4ミリの厚さがあるものがダンボール用途のものとして一般的です。
硬度は15~20度(ショアA)のものが多いです。その上へフィルムに貼り込みされた約3ミリの樹脂版を使用します。

ダンボール印刷で7ミリの樹脂版から3ミリの樹脂版に変更すると、どのようなメリット・デメリットがありますか?

【主なメリット】

版の質量が軽くなる
細字などの再現がよくなる
【主なデメリット】

7ミリと3ミリが一時期混在し、現場でのバッキング材などの取り扱いが面倒になる
ベタ印刷などの印刷再現が悪くなる

↑Return

メンテナンス
フレキソ印刷では版(樹脂版)やテープを剥がしたあとのシリンダー、スリーブはどのようにメンテナンスしますか?

樹脂版は通常、スリーブやシリンダーにクッションテープを貼って使用します。これらのスリーブやシリンダーは他の商品と共用されることが多く樹脂版を剥がした際には微量のクッションテープの粘着層が残ります。
これらが印刷に悪影響を与えることがあります。テープの粘着層などを完全に除去する場合には専用のリムーバー(洗浄剤)を使用することをお奨めします。
汚れた箇所に洗浄剤をつけた後に、布でふき取り、水拭きしてから乾燥させるとベタ付きなどが残らずきれいに洗浄することができます。

印版はどのように洗浄しますか?

印刷が終了すると印版は通常インクで汚れている状態です。
洗浄には水(水性インクの場合)やIPA(水性インク以外)を用いることが多いですが、印版専用のクリーナーをご使用することをお奨めします。
柔らかい布に洗浄剤をつけ直接印版を拭くとよりきれいに汚れが取れます。
インクメジュームなどを洗浄に使用すると版やスリーブをいためることがありますのでご注意ください。

UVフレキソインクが付着した印版を洗浄する洗浄剤はありますか?

あります。インクメーカーなどからも出されています。
当社でも取扱っていますのでお問い合わせください。

↑Return

印刷媒体
紙コップをフレキソ印刷するには何線ぐらいが適当でしょうか?

印刷機によっても異なりますが通常は100線前後がフレキソでは多いと思われます。

ベニヤ板へフレキソで印刷することは可能でしょうか。またその際の注意点はあるでしょうか?

フレキソ印刷はベニヤ板に対しても可能です。
表面のざらつきが多いと版の劣化が激しいことやベニヤ板の厚みがまちまちですと印刷のかすれやつぶれが起こるので注意しないといけません。
インクはあまり溶剤成分が多いと版の劣化の要因になります。

鋼鈑にインクを載せたいのですがフレキソ印刷で可能ですか?

印刷機械のシステムの一部を調整したりインクの転移性を考慮したりは必要かと思いますが実現可能です。
一部ですが実際フレキソの技術を適用して生産されているところもあります。

フィルムに特殊塗料を塗布したいのですが、フレキソ印刷で対応できるのでしょうか?

樹脂版やアニロックスロールに影響のないものであればフレキソ印刷機で塗布することは可能です。

↑Return

トラブルシューティング

版を貼り込むと版の端が立ち上がりますが何か抑える方法はありますか?

シリンダーやスリーブに版を貼る際、特にシリンダー径が小さいと版の端が立ち上がります。その際には特殊なテープで抑えることが最も効果的です。
テープの内容につきましてはお問い合わせください。
また、版の固定に粘着性の非常に強い両面テープを用いることや端をシーリング剤などで接着固定する方法もあります。

樹脂凸版(油性インク用)の洗浄剤をフレキソ版に用いてもいいですか?

いけません。樹脂凸版用の洗浄剤はフレキソ版に不適な溶剤濃度が大変高く、フレキソ版に付けると版が欠けたりやわらかくなったりして、以後その版は使用できなくなります。

フレキソ印刷でベタ濃度を上げるにはどのようにすればいいでしょうか?

インク濃度の高いものを選択する、インクを厚く盛るといった方法も考えられますが、アニロックスロールをセル量の多いもの(一般的に線数の粗いものはセル量が多い)に交換することがベタ濃度を上げるには最も効果が出ます。

ベタ印刷をきれいにするにはどのような工夫が必要ですか?

ベタ印刷の場合、版材の硬度を通常より低め(やわらかめ)の着肉性の高い材料を使用します。
反対に、クッションテープは通常より硬めのものを使用するとベタ印刷の仕上りはよりきれいになります。

細字をきれいにするにはどのような工夫が必要ですか?

フレキソプレートは、より精度が高くシャープなデジタルプレートを使用することをお奨めいたします。
版材はやや硬めのものを使用し、クッションテープは逆に通常より軟らかいものを使用すると細字の印刷はきれいに仕上がります。

水平方向に暗いスジが出ますが要因は?

要因としてはさまざまですがインクの粘度が高いこと、版・クッションテープともに硬度が高すぎること、フレキソ印刷機の振動などが考えられます。
これらの解消法としてはインクの粘度を下げること、版・クッションテープの硬度を下げること、印刷機の振動の少ない領域の印刷スピードで印刷することなどがあげられます。

天地方向に暗いスジが出ますが要因は?

水平方向と同様、要因としてはさまざまですが、アニロックスロールやドクターブレードに傷が入っていることや、機械のどこかが印刷面に接触していることなどが考えられます。

フレキソ印刷で印刷見当が合わないのはどのような要因が考えられますか?

印版仕上がり精度・印版の貼りこみ精度・スリーブの寸法精度・クッションテープ厚み精度のいずれかの精度が出ていないと印刷見当は合いません。
もちろん、ギア精度など機械側の問題や印刷媒体による問題なども考えられます。

フレキソ印刷でマージナルを少なくするにはどのように印刷するといいですか?

アニロックス圧(樹脂版とアニロックスとの圧)を最小限にすることが重要です。
アニ圧を上げるとマージナルが出るだけでなく樹脂版の耐久性も失くします。印圧を最小限に抑えることも重要です。業界用語ではキスタッチとも言います。樹脂版と媒体、インクの相性もマージナル要因として大きくあります。最もその印刷に適した樹脂版(材料)選びは重要です。
また、アニロックスから供給されたインクを樹脂版が受け、その後に印刷媒体に充分にインクを供給しきれず樹脂版表面にインクが残ったまま、次のインクがアニロックスから供給されることによりマージナルが出ることもあります。この場合の解決方法として、樹脂版のインク離れが良くなるように樹脂版の表面に加工を施すことによって解決できることがあります。

樹脂版の耐久性を上げるにはどのようにすればいいですか?

先ずは印刷時に印圧、アニ圧をかけすぎないことです。連続で樹脂版に圧がかかるとストレスで樹脂版は摩耗します。またインクとの相性によっても耐久性は変わりますので最もインクに適した樹脂版材料を選定することは重要です。
印刷後の樹脂版洗浄時の洗浄剤の相性も重要です。洗浄剤によっては樹脂版と化学反応を起こし、樹脂版にストレスを与えることがあります。保管については、紫外線を避け高温、多湿にならない場所で保管することが長持ちさせるには必要です。

その他

フレキソ印刷関連にはどのような組織団体がありますか?

フレキソ技術協会(FTAJ)、全日本フレキソ製版工業組合などの組織があります。

フレキソ印刷に関する出版物はどのようなものがありますか?

フレキソ印刷技術ハンドブック(フレキソ技術協会)、入門フレキソ印刷(印刷之世界社)など、少ないですが業界の出版社から出ています。

PRTR制度とはどのようなものですか?

人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質について、事業所からの排出量および廃棄物に含まれての事業所外への移動量を事業者が自ら把握し国に対して届け出るとともに、国は届出データや推計に基づき排出量・移動量を集計し、公表する制度です。
詳細は経済産業省のホームページに掲載があります。
https://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/

SDS制度とはどのようなものですか?

事業者による化学物質の適切な管理の改善を促進するため、化管法で指定された「化学物質又はそれを含有する製品」を他の事業者に譲渡又は提供する際に、その化学品の特性及び取扱いに関する情報を事前に提供することを義務づけるとともに、ラベルによる表示に努めていただく制度です。
詳細は経済産業省のホームページに掲載があります。
https://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/